2017年08月17日

タケガワe-Stage 81ccボアアップキットの組込み・・・ボアダウン

ボア径が52Φの88cc仕様のゴリラでしたが、シリンダースリーブが芸術的に薄いので耐久性を考慮してボアダウンする事にしました。
75ccまでボアダウンする事も考えましたがコストメリットを考えると同じタケガワの81ccに決定しました。
81cc仕様はボア径が50Φでスリーブ自体も1mm厚くなる計算です。
タケガワe-stage81ccの詳細はここで判ります。

購入したのはアマゾンです。12200円で購入しました。
私のエンジンは6V用のケースですが、12V用のキットでも問題なく装着が出来ました。


キット組込みに必要な物は全て揃っています。
RIMG1592.jpg

事前にピストンリングを組込みました。
本当はオイルを塗ってから組み付けるのですが、この部分は素手で扱いたいのでオイル無しで片側のサークリップ共に組み込みました。
88cc仕様は前のオーナーが組んだので、今回初めてピストンリングを組みました(-_-;)
RIMG1602.jpg

88ccと81ccの比較です。右側が88ccです。
スリーブが厚いので安心感があります。
RIMG1607.jpg

88cc仕様
RIMG1606.jpg

81cc仕様
新品は綺麗です!!
RIMG1612.jpg

エキゾーストスタッドボルトも新品〜
RIMG1614.jpg

81cc仕様のエンジンが完成しました。
シリンダーがピッカピカです。
今回、気が付いたのですが、排気量の刻印は無いんですね(-_-;)
キャブは88ccの時に使用していたPC20です。
RIMG1618.jpg

RIMG1619.jpg

12Vノーマルヘッドを組み付けたので88ccとの違いが体感できると思います。
でも100km程度は慣らしが必要なので我慢です。
近場を走ってみましたが、結構トルクフルです。

説明書等を読みましたが、この81cc仕様はノーマルのキャブやマフラーも考慮しているんですね。
私の仕様の場合は81ccが適切かもしれません。
性能曲線.jpg

性能曲線を見ると、私のゴリラは5PSチョイの性能のようです。
マフラー交換をすると6PS程度です。
88ccだと下からの馬力が多い感じですね。
最初のボアアップは81ccにして次のステップでビックヘッドキットの88ccに交換した方がお財布に優しいかも!って思います。
暫く走って今の仕様を色々と確認したいと思います。

posted by bourbon at 22:45| ゴリラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする