2009年09月11日

VTR1000SP1の買取価格の査定

実はVTR1000SP1を売却しようと考えていています。

オークションの実績から先ずは複数の買取価格を確認してその中から上位のメーカーに買い取ってもらうために、一回の手間で複数の業者から買取価格の査定が来るシステムが良いなと思い、探した買取システムが「バイクブロス」でした。

買取業者で一番気になるのはテレビでも宣伝しているバイク○です。
でもその提示価格が高いのか安いのかは1社の査定では判りません。

なので大手の買取メーカーも入っている複数の買取価格査定システムを選びました。

本日、査定の依頼をしましたので、失敗談も含めてご報告です。

先ず、バナーを押すと「バイクブロス」のトップページに飛びます。

そこで「簡単1分すぐ査定」でバイクメーカーと郵便番号を入力します。
郵便番号を入れる理由は、買取業者の管轄か否かを判断するみたいです。

次に愛車の情報を入れます。

特にアピールポイントは有効に活用します。

●車台番号
車検証などの公的書類を見れば判ると思います。
私は車台番号の下4桁はXXXXで隠しましたが、この番号で年式などが判るので業者の方で査定がわかい易いのでできるだけ記載した方が良いと思います。

●車検の期限(強制保険の期限)
私は記載しなかったのですが、車検の期限も大きなポイントみたいです。当然車検の残りが多い方が査定が良くなります。250cc以下のバイクの場合は強制保険の期限を入れると同じ効果が得られると思います。

●メールでの回答要望
これも記載しなかったのですが、登録すると直ぐに電話がかかってきます。ビックリするくらい早いです。
電話に直ぐに出られるなら良いのですが、電話で聞いた査定をメモらないとどこの業者が高いのか判らなくなるので、できるだけ書面で貰った方が良いと思います。

●その他のアピールポイント
改造している場合はそれを記載すると良いと思います。特に車検付きバイクの場合は、ノーマルパーツの有無が必要かもしれません。
私はウィークポイントを記載しました。
実態と合わない査定額を提示されても意味がないので、ウィークポイントでもしっかり状態を記載するのが良いと思います。

ちなみに最初にかかってきた電話は「バイクブロス」からでした。
相場を教えてくれるので、業者が提示してくる査定価格のレベルが判ると思います。

私のバイクの査定結果ですが、最高と最低の価格差は25万円でした。
この差が大きいのもビックリです。
推定ですが、取り扱うバイクのジャンルで得意、不得意があるみたいです。
posted by bourbon at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 査定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128729566
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック