2012年06月18日

CB900ホーネットのRRブレーキパッド交換

先日、タイヤ交換の時にリアブレーキパッドの残量が少ない事が発覚したので交換しました。
<手順>
(1) ブレーキパッドに刺さっているハンガーピン(ネジ)のプラグピン(カバーネジ)を取り外し、ピンネジを緩めます。
(2) ブレーキキャリパーを固定している前後のボルトを緩めます。
(3) ピンネジを外しブレーキパッドを外します。

作業自体は凄く簡単なのですが、ハンガーピンのプラグピンが固着していて取り外しが一番大変でした。
こう言う時はCRC556を塗布してから作業をすると楽にネジが緩みます。

<詳細>
(1) プラグピンの取り外し
P1030031.JPG

(2) ハンガーピンの緩め
P1030032.JPG

(3) キャリパーネジの取り外し
P1030030.JPG

(4) キャリパーの取り外し
P1030033.JPG

<用意したブレーキパッド>
・部番:43105-MW0-415
P1030027.JPG

・ブレーキパッド
ブレーキフルード交換推奨を記載する説明書が付いていました。
P1030028.JPG

P1030029.JPG

<ビフォー/アフター>
・ブレーキパッド
左側が磨り減ったブレーキパッドです。ピストン側の減りが激しかったです。
P1030034.JPG

・交換後
キャリパーの掃除もしたのでキレイなRRブレーキになりました。
P1030036.JPG

交換してから少し走り、パッドを馴染ませました。
気のせいかもしれませんが、今までより引きずり音が少ない感じがします。

これで車検対応はバッチリです。

posted by bourbon at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 車検/点検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック