2016年07月16日

CD90のシリンダーヘッド掃除

ゴリラのエンジンのインテーク径やバルブ径が小さいのでCD90をオークションで落札しました。
CD90のシリンダーは人気が高く少し高かったです(-_-;)
ponkotu56-img600x398-1467549017wqdrxw1471.jpg

荷物が届いたので掃除をしました。
CD90のインテーク側の径は50ccのゴリラと比較して大きいです!
IMG_6892.jpg

ヘッドの型式は「ET2」でした。
IMG_6893.jpg

燃焼室のカーボンやガスケットを取るのは少し大変でした。
でも一番大変だったのはノックピンでした。
何をしても抜けないので、最後は万力で挟んで頭を潰し、そのまま回転させて取りました。
IMG_6895.jpg

入手時の状態はイマイチでしたが、ガスケット類はオリジナルのままの様ですし、燃焼室もキャブクリーナーで磨くと結構綺麗になりました!
IMG_6894.jpg

入札したもう一つの理由はカムシャフト付です。
IMG_6899.jpg

CD90の燃焼室はゴリラの燃焼室より容量が大きいです。
その分、圧縮比が下がります。
今回は、それを承知で交換する予定です。
ネット検索すると、圧縮比が下がってもそんなに影響しないようです。
実際にはどうなのか確認です!!

posted by bourbon at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴリラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440110752
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック