2016年08月14日

ゴリラの車体にエンジン搭載・・・また異音(T_T)

昨日、完成したエンジンを車体にドッキングしました。
途中でジャズのフライホイールが悪さをして点火しないハプニングが有りましたが、予備エンジンのフライホイールを取り付けて無事にエンジンがかかりました。
ハプニングが有ったりして3時間かかりました(-_-;)

これから50ccノーマルエンジンを下ろします。
IMG_7093.jpg

エンジン降ろしが完了〜
IMG_7094.jpg

今回組み付けた88ccエンジンの搭載が完了しました。
エンジンオイルを入れてプラグを外してキックしてオイルを回します。
点火のチェックをすると火花が飛びません(-_-;)
ジャズのフライホイールを装着しましたが、ピックアップの部分がずれていて点火タイミングを検知しないようです…
IMG_7096.jpg

折角購入しましたが、ジェネレーターがクランクケースに干渉して装着を諦めフライホイールだけを装着しましたが無謀でした。
早速、フライホイールプーラーを使い予備エンジンのフライホイールを取り外しました。
IMG_7097.jpg

予備エンジンのフライホイールを装着して点火チェックも完了しました。
このスパークプラグを外した状態でギアを入れて車体を押しエンジンオイルをしっかりとエンジン全体に回します。
その後、キックしてエンジンを始動しました。直ぐにエンジンがかかりました!
異音のチェックを兼ねて暫くエンジンをかけたままにしました。
IMG_7098.jpg

特に異音が無いのでクラッチ調整をしてジェネレーターカバーを装着しました。
IMG_7100.jpg

今回の作業も3時間程度かかりました…
特にエンジンからの異音が無いので試走しました。
純正クロスのミッションですが、3速がやたらと固く、4速も固いです…
シフトフォークを交換した影響でしょうか?
1速と2速の入りは軽いです。
クロスのフィーリングはバッチリでした。

家の近所を試走した後に、少し距離を伸ばしましたが、途中から継続的な異音が発生しました…
エンジンがかかっている間、カタカタ音がします。
時間が無かったので原因追及まで出来ませんでした。

次回、考えられる箇所のチェックをしないと(T_T)
なかなか一回で終了しません(-_-;)

今回役にたったフライホイールプーラーです。嫌な予感がしていたので事前に購入していました。
予備エンジンは部品を取り外した形跡が無くフライホイールは固かったのですが、簡単に取り外しが出来ました!


posted by bourbon at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴリラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック