2016年10月08日

CD90の整備・・・異常な振動はエンジンマウントボルトの緩み

先日購入したCD90のナンバー取得、自賠責保険に加入し洗車と整備が出来ました!
ナンバーを取得してから近所を試走しましたが、エンジンの回転を上げると凄い振動がして各ギアのメーター上の速度まで上げられませんでした(T_T)
簡単な洗車をしてから各部の締め付けチェックをしました。
エアクリーナーですが、21年前のスポンジなのかボロボロでした…
IMG_7485.jpg

IMG_7484.jpg

タイヤは山が沢山有るし、ヒゲも残っています。
製造年月を見てみたら「0815」です。いつもは記号で何年の何週って記号ですが、西暦になっているようです。昨年のタイヤっぽいです。タイヤの表面も柔らかいので納得です。
IMG_7464.jpg

空気圧チェックではリアが結構低くなっていましたが、フロントも抜けています。
しっかり指定空気圧にしました。
エンジンオイルもチェクしました。想像では真っ黒だったのですがアメ色で規定量入っていました。
キャブクリーナを使って洗浄もしました。
相変わらず臭いです(-_-;)

チェーンに給油もしましたが、ジェネレーターカバーのボルトが異常に固くショックドライバーでやっと緩みました。凄いトルクで締まっているので一度は外した経緯があります。

前後のブレーキの遊びもチェックし、スポンジのエアクリーナは無いですが再度試走しました。
前回の時に走った振動は全くなくスピードメーター上の速度まで引っ張れます(^^)/
バッチリ直りました。

各部のチェックをしていたら前オーナー?らしき登録証のコピーが出てきました。
目黒区の方でした。
私で何代目のオーナーなのかは?ですが、誰かがレストアをした車体のようです。
振動が嫌で手放したのかも?って思います。
IMG_7487.jpg

ロータリーチェンジは相変わらず慣れません(>_<)
暫くはノーマルのままで乗ってみますが慣れるかなぁ?

posted by bourbon at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | CD90 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スポンジ、経年劣化の見本みたいですね。
にしても、振動が収まって良かったです。
Posted by アローン at 2016年10月09日 19:09
アローンさん>
コメントありがとうございます。
スポンジは本当に見本でした(^^)/
まぁ21年経過するとこうなるんですね。
振動が治まったのはのは本当に良かったです。
決して安い買い物では無かったので色々な原因が頭をよぎりました。
単純な原因で本当に良かったです。
>
>スポンジ、経年劣化の見本みたいですね。
>にしても、振動が収まって良かったです。
Posted by bourbon at 2016年10月09日 21:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442639855
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック