2017年08月15日

エキゾーストスタッドボルトを交換

先日、シリンダースタッドボルトを交換したゴリラのエンジンですが、よく考えると腰下含めてほとんどのボルトが新品になりました。
まだ交換していないボルトはエキゾーストスタッドボルトなので交換する事にしました。

揃えた秘密兵器?はWAKOのラスペネです。
お値段が高いのですが5-56よりも浸透力が強く良いらしい!
期待です。


RIMG1577.jpg

RIMG1578.jpg

最初はゴリラの12Vヘッドのスタッドボルトを交換しました。
ラスペネを吹きかけて暫く待ち、ダブルボルト方式でネジを回しました。
RIMG1579.jpg

ラスペネの威力なのか、いとも簡単に緩みました。
RIMG1580.jpg

交換したスタッドボルトです。
RIMG1581.jpg

予行練習が終了したので、次はCD90のヘッドです。
ところがスタッドボルトの固着が凄く硬く、結局ダブルナット方式でねじ切り、色々とチャレンジしました。
RIMG1590.jpg

最後はボルトに穴を開けてみたのですが、思いもしないドリルの歯が穴の中で折れてしまい終了となりました…
前回、CD90のヘッドのヘッドを装着するときに、スタッドボルトプーラーと言う専用工具で取り外しを試みました。しかし山がナメてしまい、残った山でマフラーを固定していました。
スタッドボルトプーラーはKTC製品でしたが、スタッドボルトの固着が激しくて抜けなかった感じでした。

今回ラスペネを投入したのでが、残念な結果になりました(>_<)
良い感じのCD90ヘッドでしたが仕方がないです。
ゴリラの12Vヘッドを装着してゴリラを復活させます。

それにしても悔しいです…
posted by bourbon at 21:29| Comment(0) | ゴリラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: