2017年07月22日

CD90エンジン組み立て&車体搭載

先日、途中まで組み立てたエンジンを最後まで組み立てます。
朝の9時位から作業を始め3時間程度で組み立てが完了しました。
クラッチカバーの中は仮組の状態です。
RIMG1519.jpg

エンジン組立て
少し気になる部分が有ったので、組み立てて有ったクラッチも外してワッシャーが入っているか確認しました。
RIMG1520.jpg

その後、クラッチ、オイルフィルターローターをトルクレンチを使って組み立てました。
ガスケットも純正に交換しました。
RIMG1522.jpg

クラッチ側の作業が終了したのでジェネレーター回りの組付けです。
RIMG1523.jpg

腰下の組み立てが終了したので、腰上の作業に入ります。
ピストンを組付けでが純正ガスケットを取り付けます。
RIMG1525.jpg

ヘッドのカーボンを掃除しました。
RIMG1526.jpg

ミッションをリターン化したCD90のエンジンが完成しました。
RIMG1527.jpg

車体への搭載
エンジン組立てが思ったより早く終了したのでCD90の車体に搭載しました。
AB27のノーマルエンジンを取り外します。
RIMG1529.jpg

RIMG1530.jpg

組立てたCD90のエンジンを搭載しました。
2時間半程度で終了出来ました。
RIMG1531.jpg

今日も気温が高く、暑さの戦いとなった作業でしたが無事に終了しました。
エンジン始動をして特に問題有りませんでした。
当然、エンジン始動の前にオイルを入れてからプラグを取り外したままギアを3速に入れて100m程度押し、エンジン全体にオイル回しをしています。

エンジン始動で特に問題無かったので試乗です。
近場を走りましたが、リターン化したCD90エンジンは凄く乗り易いです。
ロータリー式のシフトチェンジも楽ですが、ギアチェンジ時に考えてしまいます…
やっぱり乗りなれたシフト方式は楽ですし、4速から1速に入らないのでストレスが溜まりません!

追加で専用工具も購入しましたが、リターン化して良かったです。

今回追加購入したのはユニバーサルホルダーです。
クラッチ部分やフライホイールの回転止めに約に立ちました。
RIMG1517.jpg

アマゾンで1920円で購入しました。
特にクラッチ部分の押さえに対して5mmのピンが約に立ちました。


posted by bourbon at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | CD90 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

CD90エンジン分解 その2

クラッチハウジングを外す専用工具が入手出来たので続きの作業をしました。
以下の工具をAmazonで購入しました。
上下でサイズが違うロックナット外しです。
クラッチ側は25mmのようです。
1180円で購入しましたが、特に問題は無かったです。でも以前購入した30mmの専用工具が無駄になってしまいました(-_-;)


ところが…
クラッチインナー側の固定が無いと空回りしてロックナットが外れません(-_-;)
仕方が無いので応急対応でロックナットを外しました。
RIMG1462.jpg

無事にクラッチも外せました。
ロータリー式のギアプレートは星形なんですね。
RIMG1465.jpg

キックスプリングリテーナーとキックスタータースピンドルの位置関係を確認します。
アイマークが一直線になっています。
この部分の組み付けがモンキー系のエンジンと異なります。
RIMG1471.jpg

キックスタータースピンドル関係の確認後に一気に分解しました。
3500km程度のエンジンでしたが、数十年経過しているエンジンなので洗浄しました。
いつも灯油を使っています。
洗浄後、オイルのべたつきがなくなりますので組み付けが楽になります。
RIMG1480.jpg

ギアシフトドラムからギアシフトフォークを抜きます。
ピンで固定されています。
RIMG1482.jpg

リターン式のシフトドラムにシフトフォークの装着が完了しました。
RIMG1484.jpg

全て元通りに組み付けます。
RIMG1485.jpg

ギアシフトアームスプリングもモンキー用に交換しました。
ロータリー式のスプリングのままだとギア抜けするそうです。
確かに太さが異なります。この交換は少し時間がかかりました…
RIMG1486.jpg

シフトドラムアームストッパーやスプリングも交換したのですが違いが判りませんでした(-_-;)
RIMG1487.jpg

組み込み完了です。
ギアはニュートラルの位置です。
RIMG1489.jpg

ギアシフトの状態はケースを仮組みした時に、ミッションのメインシャフトを左側に回しながらギアシフトを動かして作動状態を確認しています。
再度、この状態でも確認しリターンのパターンでシフトする事を確認しています。
全てエンジンの組み立てが完了してからシフト出来ないと最悪ですからね…

クラッチも組んだのですが、インナーの空回り防止する工具が来てから組み立てする事にしました。
RIMG1490.jpg

ん〜…
ゴリラのエンジン用の専用工具だけじゃCD90エンジンの分解できません。
今回は、2つの工具を購入する事になりました。

posted by bourbon at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | CD90 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

CD90エンジン分解 その1

なかなか腰を上げられなかったのですが、CD90のエンジンの分解を始めました。
基本的にはゴリラ君のエンジンと同じなので腰上の分解は直ぐに出来ました。
ところがクラッチハウジングのロックナット用の専用工具が無く、アマゾンで注文して作業が中断です。
気長に分解して、シフトをリターン式に交換したいと思っています。

先ずはエンジンオイル抜き
RIMG1440.jpg

次にフライホイール外しです。
専用工具はゴリラ君のエンジンと同じです。
RIMG1442.jpg

ジェネレーター外し。
この段階でネジを緩めておきます。
RIMG1443.jpg

フライホイールが上死点マーク(Tマーク)に合わせてカムスプロケット位置を確認します。
RIMG1445.jpg

85ccのピストンです。
走行距離が3500km程度なのでカーボンの付着は少ないと思います。
RIMG1450.jpg

腰下に移ります。
RIMG1453.jpg

オイルフィルターローター外し
ゴリラ君のクラッチロックナットツールで外しました。
RIMG1454.jpg

クラッチ外し
ロックナットの径が小さく、オイルフィルターローターを外した専用工具は使えませんでした。
マイナスドライバーをハンマーで叩いて外す方法も有りますが、ロックナットの再使用が困難になるので今回の作業はここまでで一旦中止にしました。
RIMG1458.jpg

ここまでの所要時間は約2時間でした。
クラッチハウジンを外してからの作業は未知の世界になります。
早く、専用工具が来ないかなぁ〜

posted by bourbon at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | CD90 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

モンキーエンジンのCD90が完成

先週、暫定的にAB27モンキーのエンジンを搭載して試走までしましたが、部品を入手して完成しました。
購入した部品はキャブとインテークマニホールドをオークションで4000円で入手し、クラッチワイヤーは新品にしました。
IMG_8360.jpg

IMG_8361.jpg

先ずはキャブ交換です。
同じ50cc用のキャブですが、色々と違いますね。
IMG_8363.jpg

スロットルワイヤーはCD90用を流用しようと思いましたが、スロットルがちゃんと動きません(-_-;)
オークションで入手したキャブASSYはスロットルケーブルも付属していたので交換しました。
IMG_8364.jpg

これでしっかり全開にする事が出来ました。
キャブにはCD90のエアクリーナーが、そのまま使えました。

次はクラッチケーブル交換をしました。
IMG_8365.jpg

直ぐに交換は出来ましたが、キックをするとクラッチが滑っています。
クラッチ調整もする事になりました。
IMG_8366.jpg

キックするとバッチリエンジンがかかりました!
オークションで入手したキャブの程度が良く、アイドリング調整だけでバッチリのようです。
雨天のため、実走行が出来ないのですが、多分大丈夫でしょう〜

完成したエンジンです。
ナンバーは黄色いので2人乗りが出来るCD50になりました!
IMG_8367.jpg

一番嬉しいのは、ミッションがリターン式になった事です。
シフトで悩まずに済みますし、後ろ側のシフトペダルを使えば革靴でも乗れます。

AB27モンキーのエンジンもオークションで入手しましたが、ゴリラに載せたりCD90に載ったりと忙しいエンジンです。
このエンジンも程度が良好で良かったです。
CD90のマフラーだと心地よい音がします。
でも平地で65km/h程度しか出ないので、ボアアップしちゃおうかなぁ〜(-_-;)

CD90にAB27エンジンを搭載する場合、以下の部品が必要になる事が判りました。
・AB27やZ50のエンジン本体
・CD50用のキャブとインテークマニホールド
・CD50用のスロットルワイヤー
・CD50用のクラッチケーブル
・ジェネレーター用の延長ケーブル(自作)・・・CD90のジェネレーターASSYに交換すれば不要だと思います。

posted by bourbon at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | CD90 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

CD90にモンキーのエンジンを搭載

折角入手したCD90ですが出番が少ないです…
乗る時間が限られている事もありますが、ロータリーシフトにはどうも慣れません(-_-;)
暫く乗れば慣れるかもと思っていましたが、私の体には馴染みません。

元々、ゴリラの88ccエンジンが過激過ぎて、直ぐにウィリーしてしまいます。
スイングアームとか交換すれば良いらしいのですが、CD90の車体に載せる計画で車体を購入しました。
CD90のエンジンも魅力だったし!!

88ccエンジンを載せる前に、スペアの50ccエンジンを搭載してみました。

主要な部品を取り外した状態です。
ここまで直ぐに分解出来ました。
チェーンの張りが足りない事も分かりました(-_-;)
IMG_8322.jpg

エンジン降ろしが完了しました。
慎重に進めたので40分程度かかりました。
IMG_8323.jpg

新旧エンジンです。
右がCD90エンジンで、左がAB27エンジンです。
IMG_8324.jpg

ゴリラのインマニだとパワーフィルターがCD90の車体に当たるので装着出来ません。
ノーマルエンジンだから、ノーマルのインマニを入手するしかなさそうです。
エアインテークはCD90の物が使用出来そうです。
IMG_8326.jpg

肝心のジェネレーターの配線です。
短いので延長する必要があります。
キタコのコンビニパーツを入手していたので助かりました。
IMG_8327.jpg

コードの長さは80mmで延長コードを作成しました。
装着してみましたが、もう少し短くても良かった感じです。

AB27エンジンを搭載してマフラーの取り付け確認やスロットルケーブル、クラッチケーブルのチェックをしました。
マフラーはOKでしたが、スロットルケーブルとクラッチーケーブルはCD50を入手する事にしました。

エアクリーナー無しの状態ですが、AB27エンジンの搭載が出来ました。
IMG_8328.jpg

IMG_8329.jpg

苦労して作成した延長コードです。
IMG_8332.jpg

ドライブスプロケットは13Tなのですが、結構走ります。
でも最高速は65km/h程度です。
まぁ50ccノーマルエンジンなので、この程度なんでしょう!

<今日のハプニング>
・JAZZのフライホイール
実は延長コードを作成して点火チェックを行いましたが、火花が飛びません…
色々と調べてみましたが、フライホイールがJAZZ用でした(-_-;)
以前、ゴリラ用に入手したのですが、オリジナルのジェネレーターで火花が飛ばなかったので、今回のエンジンのフライホイールを使い、JAZZのフライホイールを仮止めしていました…

・JAZZ用のジェネレーター交換
ジェネレーターも交換しないと火花が飛ばないので、結局、保管していたJAZZ用のジェネレーターに交換しました。
しかしジェネレーターのプラスネジをなめてしまいました(T_T)
仕方がないので、ポンチを使って叩いてネジを緩めました。
IMG_8334.jpg

・エンジンの異音
仮止め状態でエンジンをかけたら全く問題なかったので、すべての部品を本締めしてエンジンをかけたら異音が発生…
フライホイールがピックアップぶぶんと干渉していました(-_-;)
ピックアップ部分を適切な位置に動かしました。

今回も結構ハプニングがありました…
素人だと色々なハプニングに見舞われます。
でも半日程度で完成して良かったです!!




posted by bourbon at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | CD90 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする