2017年05月13日

モンキーエンジンのCD90が完成

先週、暫定的にAB27モンキーのエンジンを搭載して試走までしましたが、部品を入手して完成しました。
購入した部品はキャブとインテークマニホールドをオークションで4000円で入手し、クラッチワイヤーは新品にしました。
IMG_8360.jpg

IMG_8361.jpg

先ずはキャブ交換です。
同じ50cc用のキャブですが、色々と違いますね。
IMG_8363.jpg

スロットルワイヤーはCD90用を流用しようと思いましたが、スロットルがちゃんと動きません(-_-;)
オークションで入手したキャブASSYはスロットルケーブルも付属していたので交換しました。
IMG_8364.jpg

これでしっかり全開にする事が出来ました。
キャブにはCD90のエアクリーナーが、そのまま使えました。

次はクラッチケーブル交換をしました。
IMG_8365.jpg

直ぐに交換は出来ましたが、キックをするとクラッチが滑っています。
クラッチ調整もする事になりました。
IMG_8366.jpg

キックするとバッチリエンジンがかかりました!
オークションで入手したキャブの程度が良く、アイドリング調整だけでバッチリのようです。
雨天のため、実走行が出来ないのですが、多分大丈夫でしょう〜

完成したエンジンです。
ナンバーは黄色いので2人乗りが出来るCD50になりました!
IMG_8367.jpg

一番嬉しいのは、ミッションがリターン式になった事です。
シフトで悩まずに済みますし、後ろ側のシフトペダルを使えば革靴でも乗れます。

AB27モンキーのエンジンもオークションで入手しましたが、ゴリラに載せたりCD90に載ったりと忙しいエンジンです。
このエンジンも程度が良好で良かったです。
CD90のマフラーだと心地よい音がします。
でも平地で65km/h程度しか出ないので、ボアアップしちゃおうかなぁ〜(-_-;)

CD90にAB27エンジンを搭載する場合、以下の部品が必要になる事が判りました。
・AB27やZ50のエンジン本体
・CD50用のキャブとインテークマニホールド
・CD50用のスロットルワイヤー
・CD50用のクラッチケーブル
・ジェネレーター用の延長ケーブル(自作)・・・CD90のジェネレーターASSYに交換すれば不要だと思います。

posted by bourbon at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | CD90 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

CD90にモンキーのエンジンを搭載

折角入手したCD90ですが出番が少ないです…
乗る時間が限られている事もありますが、ロータリーシフトにはどうも慣れません(-_-;)
暫く乗れば慣れるかもと思っていましたが、私の体には馴染みません。

元々、ゴリラの88ccエンジンが過激過ぎて、直ぐにウィリーしてしまいます。
スイングアームとか交換すれば良いらしいのですが、CD90の車体に載せる計画で車体を購入しました。
CD90のエンジンも魅力だったし!!

88ccエンジンを載せる前に、スペアの50ccエンジンを搭載してみました。

主要な部品を取り外した状態です。
ここまで直ぐに分解出来ました。
チェーンの張りが足りない事も分かりました(-_-;)
IMG_8322.jpg

エンジン降ろしが完了しました。
慎重に進めたので40分程度かかりました。
IMG_8323.jpg

新旧エンジンです。
右がCD90エンジンで、左がAB27エンジンです。
IMG_8324.jpg

ゴリラのインマニだとパワーフィルターがCD90の車体に当たるので装着出来ません。
ノーマルエンジンだから、ノーマルのインマニを入手するしかなさそうです。
エアインテークはCD90の物が使用出来そうです。
IMG_8326.jpg

肝心のジェネレーターの配線です。
短いので延長する必要があります。
キタコのコンビニパーツを入手していたので助かりました。
IMG_8327.jpg

コードの長さは80mmで延長コードを作成しました。
装着してみましたが、もう少し短くても良かった感じです。

AB27エンジンを搭載してマフラーの取り付け確認やスロットルケーブル、クラッチケーブルのチェックをしました。
マフラーはOKでしたが、スロットルケーブルとクラッチーケーブルはCD50を入手する事にしました。

エアクリーナー無しの状態ですが、AB27エンジンの搭載が出来ました。
IMG_8328.jpg

IMG_8329.jpg

苦労して作成した延長コードです。
IMG_8332.jpg

ドライブスプロケットは13Tなのですが、結構走ります。
でも最高速は65km/h程度です。
まぁ50ccノーマルエンジンなので、この程度なんでしょう!

<今日のハプニング>
・JAZZのフライホイール
実は延長コードを作成して点火チェックを行いましたが、火花が飛びません…
色々と調べてみましたが、フライホイールがJAZZ用でした(-_-;)
以前、ゴリラ用に入手したのですが、オリジナルのジェネレーターで火花が飛ばなかったので、今回のエンジンのフライホイールを使い、JAZZのフライホイールを仮止めしていました…

・JAZZ用のジェネレーター交換
ジェネレーターも交換しないと火花が飛ばないので、結局、保管していたJAZZ用のジェネレーターに交換しました。
しかしジェネレーターのプラスネジをなめてしまいました(T_T)
仕方がないので、ポンチを使って叩いてネジを緩めました。
IMG_8334.jpg

・エンジンの異音
仮止め状態でエンジンをかけたら全く問題なかったので、すべての部品を本締めしてエンジンをかけたら異音が発生…
フライホイールがピックアップぶぶんと干渉していました(-_-;)
ピックアップ部分を適切な位置に動かしました。

今回も結構ハプニングがありました…
素人だと色々なハプニングに見舞われます。
でも半日程度で完成して良かったです!!




posted by bourbon at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | CD90 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

ベンリィCD90の純正リターン化部品を購入

先日、購入したベンリィCD90はロータリー式です。
他のバイクがリターン式なのでシフトチェンジで戸惑っています…

一番のネックは4速の後にニュートラルになり、次は1速に入ってしまう事です。
既に、一回シフトチェンジをミスってエンジンブローする所でした…
ネットで調べると純正部品を使ってリターン化出来るらしい!

早速注文しました。
部品は注文した次の日に到着しました。まだまだ入手が可能でした!
R1016946.jpg

リターン化の部品は以下の6点です。

24301-GF6-010 ドラム、ギヤーシフト ¥3,680
24411-GF6-020 プレート、ギヤーシフトドラムストッパー ¥530
24425-198-900 プレート、ギヤーシフトドラムサイド ¥160
24430-GB4-772 ストッパーCOMP、ギヤーシフト ¥560
24435-GF6-003 スプリング、シフトドラムストッパー ¥140
35753-035-662 ローター、ニュートラルスイッチB/O ¥175

現時点の購入価格は合計5245円でした。

しかしこの部品を取り付けるにはエンジンを全バラする必要があります。
なので以下のガスケット類も必要になります。今回は純正を購入しました。

11394-GW8-681 ガスケット、Rクランクケース ¥750
11191-GW8-681 ガスケット、クランクケース ¥790
12191-GW8-682 ガスケットシリンダー     ¥380
12251-GB5-811 ガスケットシリンダーヘッド   ¥1,250

ガスケット類の購入価格は合計3170円です。

合計金額は8415円になりました(T_T)
全て純正部品なので高いのは確かですが信頼性が違います。

とりあえず部品は揃えましたが、ロータリー式のまま暫く乗ろうと思います。
先日、モテギのモトGPを見ていたらシフトアップはチェンジペダルを全てダウンなのを見て、CD90もモトGPと同じだぁ〜と思ってしまいました。

posted by bourbon at 23:32| Comment(2) | TrackBack(0) | CD90 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

エアクリーナーの交換

スポンジがボロボロだったエアクリーナーエレメントでしたが、部品を入手したので早速交換しました。
IMG_7503.jpg

エアクリーナーエレメントは770円でエレメントホルダーは950円でした。
税金を入れると1,858円でした。

装着は+ドライバー一本で出来ます。
新品のスポンジは綺麗です!
これで砂等の細かいゴミもキャッチしてくれます。
IMG_7505.jpg

もう一つ購入したのが、ツールボックスクッションです。
サイドカバーに張り付けてツールボックスを抑える役目のスポンジです。
こちらは税込み189円でした。
IMG_7507.jpg

スポンジが綺麗になると良いですね〜
でも外見からは確認出来ませんが…
これでバッチリのCD90になりました!

posted by bourbon at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | CD90 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

CD90の整備・・・異常な振動はエンジンマウントボルトの緩み

先日購入したCD90のナンバー取得、自賠責保険に加入し洗車と整備が出来ました!
ナンバーを取得してから近所を試走しましたが、エンジンの回転を上げると凄い振動がして各ギアのメーター上の速度まで上げられませんでした(T_T)
簡単な洗車をしてから各部の締め付けチェックをしました。
エアクリーナーですが、21年前のスポンジなのかボロボロでした…
IMG_7485.jpg

IMG_7484.jpg

タイヤは山が沢山有るし、ヒゲも残っています。
製造年月を見てみたら「0815」です。いつもは記号で何年の何週って記号ですが、西暦になっているようです。昨年のタイヤっぽいです。タイヤの表面も柔らかいので納得です。
IMG_7464.jpg

空気圧チェックではリアが結構低くなっていましたが、フロントも抜けています。
しっかり指定空気圧にしました。
エンジンオイルもチェクしました。想像では真っ黒だったのですがアメ色で規定量入っていました。
キャブクリーナを使って洗浄もしました。
相変わらず臭いです(-_-;)

チェーンに給油もしましたが、ジェネレーターカバーのボルトが異常に固くショックドライバーでやっと緩みました。凄いトルクで締まっているので一度は外した経緯があります。

前後のブレーキの遊びもチェックし、スポンジのエアクリーナは無いですが再度試走しました。
前回の時に走った振動は全くなくスピードメーター上の速度まで引っ張れます(^^)/
バッチリ直りました。

各部のチェックをしていたら前オーナー?らしき登録証のコピーが出てきました。
目黒区の方でした。
私で何代目のオーナーなのかは?ですが、誰かがレストアをした車体のようです。
振動が嫌で手放したのかも?って思います。
IMG_7487.jpg

ロータリーチェンジは相変わらず慣れません(>_<)
暫くはノーマルのままで乗ってみますが慣れるかなぁ?

posted by bourbon at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | CD90 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする