2017年07月24日

ゴリラのエンジンにCD90のヘッドを搭載

以前、入手したCD90のヘッド&カムシャフトをゴリラエンジンに取り付けました。
以前、仮定は有りましたが圧縮比を計算したら、かなり低くなるのでお蔵入りしていたCD90のヘッドでした。
しかし、ネット上では圧縮比が下がるデメリットより、吸気&排気ポートが大きくなるメリットの方が大きいとの記事が有ったので、今回取り付ける事にしました。

ヘッドの違い
右側が50ccのヘッドで左側がCD90のヘッドです。
ロッカーアームのカムシャフトの当たり面が違います。
今回はCD90のカムシャフトも入手しているので、そのまま使用しました。
RIMG1533.jpg

CD90のヘッド
RIMG1534.jpg

ゴリラのヘッド
RIMG1535.jpg

バルブ側の違い
見れば判る位バルブの大きさが違いますね。
RIMG1536.jpg

今回の作業もエンジンを下ろさずに前輪とフェンダーを取り外して作業をしました。
RIMG1538.jpg

CD90のヘッドを取り付けたゴリラです。
見た目は全く判りませんね(-_-;)
RIMG1546.jpg

ヘッドの刻印で違いが判ります。
RIMG1547.jpg

完成後に試乗をしました。
思ったよりスカスカになっていませんし、圧縮比が低くなって取り扱いやすくなった感じがします。
しかし組付け時に不具合を見つけたので全開走行はしていません。
腰下の作業が終了したと思ったら、腰上の部品が経年劣化しているのを見つけました…。
全開走行をする前に、部品交換が必須となりました(^^)/

posted by bourbon at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 査定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

バイク査定の結果・・・ホンダドリームに決定

ネットの一括査定ですが、結果的には一番高い査定金額を提示した業者に実際に見積もりをみてもらいました。

結果はムカつくだけで終了です。

1軒の買取専門の結果なので全ての買取店が同じだとは思いませんが、査定の感覚は次の業者に対するアピール度が在るか否かです。

なのでユーザーがキレイに乗っていても重箱のスミをツツキ、少しでも安くしたいと考えています。

次の業者が安くたたかれても、儲かるようにするのが目的のようです・・・。

実際の査定をお願いした業者は新車同様の車両に対する査定を提示しているだけで、本当にその金額で買い取る事はしない感じです。

考えてみれば実際に車両を持ち込まないと正しい査定ができないのはどこでも同じなので、どうにかして自分のお店に来てもらって査定をするために、ネットで判る大手の買取専門店より5万円高い提示をした感じです。

あまりに酷い査定なので、次の日には実際に乗り換えたい車両のあるバイクショップで査定を行いました。

1軒目は下取り額も低いし、乗り換えたいバイクの程度も低い・・・。
でもターゲット査定が出たので良かったです。

2件目はホンダドリーム店です。
乗り換えたいバイクの程度はビックリするほど良いです。既に欲しい病が始りました。

問題なのは今乗っているバイクの査定金額です。
まあホンダのディーラーなので1件目の査定金額が出れば良いかな!って思っていましたが、ビックリする価格が提示されました。

査定金額は乗り換えしてもお金が貰える金額です!!!。
本当にビックリしました。

まだ大手専門店の査定をしていなかったので少しだけ悩みましたが提示金額は最大の買取価格です。

ドリーム店で提示してもらった金額より下がる可能性があります。

ドリーム店の方は凄く対応が良いし、やっぱり正規ディーラーは安心があります。

たまたまなのですが、タイヤが前後新品なのとバッテリーも新品にしてくれるとの事なので目に見えないお買い得があります。

結局その場で契約を決めました。

正規ディーラーだと自分の販売網で販売できる自信があるから、ちゃんと査定金額を出して貰えると感じました。

買取専門店は次に販売する業者が「お客さん」だとの認識があれば実際に査定に出して自分のバイクの査定レベルを見るのも良いと思います。

最後には自分が乗りたいバイクの正規ディーラーに行って査定もしたら納得できるかもしれません。

ちなみにターゲット査定金額を出してくれたお店はホンダのお店じゃありません。

大手専門店の結果も知りたかったのですが、納得できる契約ができたので悔いはありません!。

早くバイクが来ないかな!!。
posted by bourbon at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 査定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

VTR1000SP1の買取価格の査定

実はVTR1000SP1を売却しようと考えていています。

オークションの実績から先ずは複数の買取価格を確認してその中から上位のメーカーに買い取ってもらうために、一回の手間で複数の業者から買取価格の査定が来るシステムが良いなと思い、探した買取システムが「バイクブロス」でした。

買取業者で一番気になるのはテレビでも宣伝しているバイク○です。
でもその提示価格が高いのか安いのかは1社の査定では判りません。

なので大手の買取メーカーも入っている複数の買取価格査定システムを選びました。

本日、査定の依頼をしましたので、失敗談も含めてご報告です。

先ず、バナーを押すと「バイクブロス」のトップページに飛びます。

そこで「簡単1分すぐ査定」でバイクメーカーと郵便番号を入力します。
郵便番号を入れる理由は、買取業者の管轄か否かを判断するみたいです。

次に愛車の情報を入れます。

特にアピールポイントは有効に活用します。

●車台番号
車検証などの公的書類を見れば判ると思います。
私は車台番号の下4桁はXXXXで隠しましたが、この番号で年式などが判るので業者の方で査定がわかい易いのでできるだけ記載した方が良いと思います。

●車検の期限(強制保険の期限)
私は記載しなかったのですが、車検の期限も大きなポイントみたいです。当然車検の残りが多い方が査定が良くなります。250cc以下のバイクの場合は強制保険の期限を入れると同じ効果が得られると思います。

●メールでの回答要望
これも記載しなかったのですが、登録すると直ぐに電話がかかってきます。ビックリするくらい早いです。
電話に直ぐに出られるなら良いのですが、電話で聞いた査定をメモらないとどこの業者が高いのか判らなくなるので、できるだけ書面で貰った方が良いと思います。

●その他のアピールポイント
改造している場合はそれを記載すると良いと思います。特に車検付きバイクの場合は、ノーマルパーツの有無が必要かもしれません。
私はウィークポイントを記載しました。
実態と合わない査定額を提示されても意味がないので、ウィークポイントでもしっかり状態を記載するのが良いと思います。

ちなみに最初にかかってきた電話は「バイクブロス」からでした。
相場を教えてくれるので、業者が提示してくる査定価格のレベルが判ると思います。

私のバイクの査定結果ですが、最高と最低の価格差は25万円でした。
この差が大きいのもビックリです。
推定ですが、取り扱うバイクのジャンルで得意、不得意があるみたいです。
posted by bourbon at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 査定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする