2017年07月06日

CD90エンジン分解 その1

なかなか腰を上げられなかったのですが、CD90のエンジンの分解を始めました。
基本的にはゴリラ君のエンジンと同じなので腰上の分解は直ぐに出来ました。
ところがクラッチハウジングのロックナット用の専用工具が無く、アマゾンで注文して作業が中断です。
気長に分解して、シフトをリターン式に交換したいと思っています。

先ずはエンジンオイル抜き
RIMG1440.jpg

次にフライホイール外しです。
専用工具はゴリラ君のエンジンと同じです。
RIMG1442.jpg

ジェネレーター外し。
この段階でネジを緩めておきます。
RIMG1443.jpg

フライホイールが上死点マーク(Tマーク)に合わせてカムスプロケット位置を確認します。
RIMG1445.jpg

85ccのピストンです。
走行距離が3500km程度なのでカーボンの付着は少ないと思います。
RIMG1450.jpg

腰下に移ります。
RIMG1453.jpg

オイルフィルターローター外し
ゴリラ君のクラッチロックナットツールで外しました。
RIMG1454.jpg

クラッチ外し
ロックナットの径が小さく、オイルフィルターローターを外した専用工具は使えませんでした。
マイナスドライバーをハンマーで叩いて外す方法も有りますが、ロックナットの再使用が困難になるので今回の作業はここまでで一旦中止にしました。
RIMG1458.jpg

ここまでの所要時間は約2時間でした。
クラッチハウジンを外してからの作業は未知の世界になります。
早く、専用工具が来ないかなぁ〜

posted by bourbon at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | CD90 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする