2017年07月22日

CD90エンジン組み立て&車体搭載

先日、途中まで組み立てたエンジンを最後まで組み立てます。
朝の9時位から作業を始め3時間程度で組み立てが完了しました。
クラッチカバーの中は仮組の状態です。
RIMG1519.jpg

エンジン組立て
少し気になる部分が有ったので、組み立てて有ったクラッチも外してワッシャーが入っているか確認しました。
RIMG1520.jpg

その後、クラッチ、オイルフィルターローターをトルクレンチを使って組み立てました。
ガスケットも純正に交換しました。
RIMG1522.jpg

クラッチ側の作業が終了したのでジェネレーター回りの組付けです。
RIMG1523.jpg

腰下の組み立てが終了したので、腰上の作業に入ります。
ピストンを組付けでが純正ガスケットを取り付けます。
RIMG1525.jpg

ヘッドのカーボンを掃除しました。
RIMG1526.jpg

ミッションをリターン化したCD90のエンジンが完成しました。
RIMG1527.jpg

車体への搭載
エンジン組立てが思ったより早く終了したのでCD90の車体に搭載しました。
AB27のノーマルエンジンを取り外します。
RIMG1529.jpg

RIMG1530.jpg

組立てたCD90のエンジンを搭載しました。
2時間半程度で終了出来ました。
RIMG1531.jpg

今日も気温が高く、暑さの戦いとなった作業でしたが無事に終了しました。
エンジン始動をして特に問題有りませんでした。
当然、エンジン始動の前にオイルを入れてからプラグを取り外したままギアを3速に入れて100m程度押し、エンジン全体にオイル回しをしています。

エンジン始動で特に問題無かったので試乗です。
近場を走りましたが、リターン化したCD90エンジンは凄く乗り易いです。
ロータリー式のシフトチェンジも楽ですが、ギアチェンジ時に考えてしまいます…
やっぱり乗りなれたシフト方式は楽ですし、4速から1速に入らないのでストレスが溜まりません!

追加で専用工具も購入しましたが、リターン化して良かったです。

今回追加購入したのはユニバーサルホルダーです。
クラッチ部分やフライホイールの回転止めに約に立ちました。
RIMG1517.jpg

アマゾンで1920円で購入しました。
特にクラッチ部分の押さえに対して5mmのピンが約に立ちました。


posted by bourbon at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | CD90 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする